配偶者控除

次税制改正で配偶者控除が廃止か、という話も出ておりましたが、政府与党は先送りする方針を固めたそうです。

この配偶者控除廃止について、先日テレビにて、とある女性のコメンテーターの方が「配偶者控除が廃止されれば38万円も税金が増えてしまう!」などと仰っておりました。まるで税額が38円万円も増加するかのように連呼しておりましたが、実際は所得税の計算上控除額が38万円(住民税については33万円)減少し、その38万円に対する税率部分だけ税額が増える、という仕組みです。例を挙げますと、所得税率5%の方だと19,000円、住民税は10%で33,000円、合わせて52,000円の負担増、ってな感じです。

あまりにも誤解を招くような表現をされておられたので、少し気になって書いてみました。ただその女性コメンテーターの方、とにかく自民党が嫌いなようで、打ち出す政策全てに反対するようなコメントばかり。なので故意に話していたかも知れませんが。